高度経済成長とその終焉

cool men

急にまとまったお金が必要になった時にはカードでお金が貰える現金化ビジネスを利用しましょう。簡単に現金が手に入りますよ。

ショッピング枠を利用して現金が手に入ります。貴方のカードでお金が貰えますよ。こちらから利用を始めましょう。

日本経済が最高潮だったバブルが終わり早20年以上が過ぎた。
高度経済成長、商品を作れば売れ、会社の業績は上がり、個人の給料は右肩上がりに上昇していき、高収入の人達が増えていった。
高収入の人達は消費を拡大し、最低限生活必需品のみならず、様々な娯楽も増えていった。
娯楽以外にも、様々なところにお金を費やし、投資や投機を行う人も増えていった。
個人間でも投資の対象となったのが、副業としてのマンション投資だ。
バブル時代は土地や株価がうなぎのぼりに上昇していたので、それに合わせて投資や転売目的でマンションを購入する人が増加した。
このまま土地や地価が上昇することを見込み、新築や中古のマンションを購入し、高値になったところで転売しようという考えだ。
勢い良く伸びていった日本経済の成長も、そう長くは続かなかった。
1993年にバブルがはじけた。上がりに上がった地価や株は今までとは比べ物にならないほど下落の一途をたどった。
一つの会社に正社員として勤め、高収入を得るのが以前に比べて難しくなってきた。
そのころから、副業を行う人達が増えてきた。副業を行うことで、高収入を得るひとも中にはいた。
商品が売れなくなるにつれ、ライバル会社の研究やCS調査に力を入れる企業も増えてきた。
そこで出てきた高収入の副業がミステリーショッパーである。
ミステリーショッパーとは、覆面調査のことである。指定された店舗に一般客として入り、お店について調査する。
ミステリーショッパーとしてお店に行くと、お店の利用料金が派遣元の会社から出されることが多い。
そのため、割の良い副業として、ミステリーショッパーは人気が出てきた。

amazonギフト券の高額買取に興味がある場合はこのサイトで申し込みをしましょう。

マンション投資の影響

youthful men

当時の時代背景に戻ろう。その当時の株価や地価がこのままどんどん上がり続けると見込んで株や土地の投資を行ってきた人達は、目が点になるほどであった。
特に、マンション投資を行っていた個人は、その影響が大きかった。地価が下落したのに伴い、マンションに住む人達も減少していった。
また、管理人室を作らなかったり、壁や床が薄い構造で作られていたマンションは、手抜き物件とみなされてしまった。そのため、その手抜き物件を購入する人や住む人はあまりいなかった。
日本経済はその後、当時のような盛り上がりを見せることはなかった。消費税が5%に上がり、個人消費は減少していった。
消費税が上昇することにより、同じ商品を購入するのに今まで以上の費用がかかるため、市場の消費は減少していった。
企業がより良い商品を作り出し、業績をあげるには、積極的に設備投資を行い、効率よく商品を生産し、今まで以上に安価な商品を提供する必要がある。
もしくは、付加価値をつけた価値のある商品を高値で販売する必要がある。
そうすることにより、企業の業績は上がり、給料も増え、高収入の人達は増えていく。
だが、そのような積極的な設備投資を行える企業はあまりなかった。
この設備投資は、なにも企業だけにあてはまることではない。個人の消費活動、経済活動においても、同じことがいえるであろう。
個人を例にして表してみよう。
より良い商品を作り出すために必要な設備投資とは、より生活を良くするために必要な商品やサービスを購入する投資であるといっても過言ではないだろう。

未来への投資

men is thinking

受験勉強、お受験戦争から外れると、それはそれで子供達の間で差別や偏見、イジメの対象となった。
普通の人と違うことをすることに対して子供ながらに奇異の目で見られた。受験勉強に失敗した人達は負け組みと呼ばれるようにもなった。
負け組みには負け組みの人生、勝ち組には勝ち組の人生といったように、大きくそのレールが真っ二つに分かれていった。
そういった理由から、積極的に設備投資を行う企業、個人はどんどん成長をすることができるが、そのことができない場合、別の方法を考えなければならない。
投資とは、まさにお金でお金を生み出す行為であるといえよう。特定の商品やお金、人にお金と使うことにより、それがお金を生み出し、別の形で帰ってくる。
投資活動を行える企業や個人は、さらに高収入になり、生活が豊かになっていった。
投資活動は、ランチェスター戦略における、強者の選択ともいえるであろう。
では、その強者の選択を選べない企業や個人は、どのような選択、道を歩めばよいのだろう。
お金を払ってできることを、別の何かで代用しなければならない。一時的にお金を銀行や投資機関から借り入れ、前者と同じことを行うのも手段の一つであろう。
しかし、銀行や投資機関は、お金がなく、信用信頼がない会社や個人に対して、簡単に「はい、そうですか」と言ってお金を貸すほど、甘くはない。
では、お金がないなりの選択、戦略に乗り出す必要がある。
例えばどいうったものがあるだろうか。

様々な投資

men is smilling

今まで徒歩で通っていて30分かかっていたところが、自転車を購入し、それを利用すると15分ですむようになった。
自転車を購入し実際に活用することで、15分の時間を短縮することができる。そういう意味で、自転車に投資することにより、15分の時間を得るための積極的な投資活動であるといえよう。
他にもこのような例が挙げられる。その当時は、良い学校に通い、良い会社に入り、良い給料を得るというのが社会全体で一般的な流れ、風潮であった。
いわゆる”エリート”と呼ばれる安定した軌道にのった生き方である。この道からそれることは、社会ではあまり良い評価を得られるものではない。
このエリートコースを子供に歩んでもらい、安定した高収入を得てもらうために、親は必死になった。
小学校入試、中学校入試、高校入試、大学入試の”受験戦争”に勝利させるため、幼い頃から塾に通わせた。
塾に通わせることが、個人レベル、家庭レベルでの積極的な投資活動であるといえるだろう。
この積極的な設備投資を行うかどうかで、子供の将来が180度違ってくるといっても過言ではない時代であった。
良い学校に入りさえすれば、良い会社に入るためのレールが引かれ、良い会社に入ることさえできれば、良い給料をもらえる明るい将来が約束されている。
そのため、親は子供の将来を思い、塾に高いお金を払い、教育費という投資活動を行っていった。
子供もそれに応え、自分の将来を勝ちとるため、一生懸命必死になった勉強した。